立松和平さん死去=小説「遠雷」「道元禅師」など(時事通信)

 「遠雷」「道元禅師」などの小説で知られる作家の立松和平(たてまつ・わへい=本名横松和夫=よこまつ・かずお)さんが8日午後5時37分、脳内出血のため東京都内の病院で死去した。62歳だった。栃木県出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く。喪主は妻美千繪(みちえ)さん。 

【関連ニュース】
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去
小田実全集、初の電子出版で=来春から刊行
室伏哲郎さん死去=「汚職の構造」のノンフィクション作家
原田康子さん死去=小説「挽歌」がベストセラー
庄野潤三さん死去=家族小説書き続けた「第三の新人」

荒瀬ダム撤去、蒲島・熊本知事が正式表明(読売新聞)
「検察官役」弁護士を指定=全国初の起訴議決で−明石歩道橋事故・神戸地裁(時事通信)
民家火災で2人死亡=居住の夫婦か−埼玉・越生町(時事通信)
捜査の推移見守る=鳩山首相(時事通信)
デルタ機格納庫に男性遺体=成田空港(時事通信)
[PR]
by keyhduadh9 | 2010-02-12 22:04
<< 泌尿器専門医が講演 ヘルスケア... 「市町村負担金」廃止を=原口総... >>