死亡補償金は最大3300万円=新型ワクチンの副作用救済−厚労省(時事通信)

 新型インフルエンザワクチンによる副作用で健康被害が出た場合の救済について、死亡時の補償金を最大約3300万円に増額する方針を厚生労働省が固めたことが11日、分かった。同省は新型ワクチンの接種を円滑に進めるため、予防接種法を改正し、補償額を増やすとしていた。
 政府は12日にも予防接種法改正案を閣議決定し、近く今国会に提出する。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
通勤混雑回避わずか16%=昨年の新型インフル確認時
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か-09年患者激減、「排除」へ正念場
国産インフル薬、相次ぎ名乗り=点滴型や新作用で選択肢拡大

事故米転売、指南役の「三笠フーズ」元顧問に有罪判決(産経新聞)
子ども手当、高校授業料無償化を批判 自民・谷垣総裁、みんなの党・渡辺代表(産経新聞)
「男は走りながらこちらを見た」 再現される凶行の様子(産経新聞)
7カ月ぶり流行水準下回る=インフル患者、定点0.77−感染研(時事通信)
東北で強い揺れ 福島で震度5弱 緊急地震速報発令(産経新聞)
[PR]
by keyhduadh9 | 2010-03-16 13:58
<< <みんなの党>じわじわと人気…... 愛子さま、5時限目に登校(時事通信) >>