火災 ケニア大使公邸が半焼 けが人はなし 東京・目黒(毎日新聞)

 13日午後5時50分ごろ、東京都目黒区八雲3の駐日ケニア大使館敷地内の大使公邸から出火、木造2階建ての建物延べ470平方メートルのうち約220平方メートルを焼いた。出火当時、人はおらずけが人はなかった。警視庁碑文谷署が出火原因を調べている。

 同署によると、大使は着任前で公邸には臨時代理大使が住んでいる。午後4時半ごろまで1階台所で大使館員が来客をもてなすため料理をつくっていたという。

 現場は東急東横線自由が丘駅の北約800メートルの住宅街。近くにはカメルーンやジンバブエの大使公邸がある。【山本太一】

【関連ニュース】
群馬・たまゆら火災:借金返済のため運営 高桑容疑者供述
群馬・たまゆら火災:施錠は07年夏ごろから
群馬・たまゆら火災:増改築重ね違反14件
火災:住宅全焼、焼け跡から2遺体 夫婦か 埼玉・越生
老人施設火災:理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑

殺人容疑で男を逮捕=包丁で知人刺す−青森県警(時事通信)
予算案、月内の衆院通過断念=民主国対委員長(時事通信)
訴訟合戦に終止符=携帯虫よけ器で和解へ−アース、フマキラー(時事通信)
<JAL>ドラえもんジェットが完成 報道陣に公開(毎日新聞)
健保法改正案を決定 国保法、児童扶養手当法も(産経新聞)
[PR]
by keyhduadh9 | 2010-02-19 22:18
<< 平山郁夫さん 800人が参列、... 雑記帳 元ラブホテルをネット公... >>